読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わったやつが始めたブログ

大学卒業に9年かかった男の考えていること

働く女性

働く女性が好きだ。どこかに勤めなくても、大人になれば日々の暮らしの中で働くようになる。洗濯物を干す。食事を作る。掃除をする。庭木の手入れをする。家事だ。

 

俺は笑顔で働く女性が特に好きだが、悲しそうな顔をして仕事をする女性も嫌いではない。

 

男は不器用だ。かっこつけようとしてかっこ悪くなったりする。辛くても腹が立っても「これは仕事だ。気持ちを顔に出してはいけない」と自分を抑えて、後になって酔いに任せて愚痴をこぼしたりする。一貫性がない。不器用だから。

働く女を直情型と仮面型の二種類に分けてみるようにしている。
どちらにも長所と短所がある。

直情型の長所は、人として魅力的な場合が多く、仕事の成果をあげていればキャラクターも相まって周囲から信頼される上司になりうるところ。

短所は、仕事ができないタイプの人だった場合、自らの感情や自己評価のためだけに動くタイプのためチームの士気を損ねるところ。

仮面型の長所は、協調性が高く、自己防衛的な意味もあって周囲をむやみに傷つけないため、チームのまとまりがよくなるところ。

短所は、自らの感情を表に出さない分ストレスが溜まりがちになり、仕事に対する強いモチベーションを持ちにくくなるところ。

悲しそうな顔をして仕事をしていても目がいってしまうのは、仮面型のほう。

表情に出さないようにしているその人の素の感情が少しだけ溢れた瞬間を感じられるのは仮面型だから。

働く女性が好きだ。真剣な顔でパソコンに向かう女性が好きだ。洗濯物が真っ白でうれしそうな女性が好きだ。笑ったり怒ったりしながら働く女性も好きだし、いつも優しい笑顔で働いてるのに今日はなんだか下を向いている女性も好きだ。

彼女たちには居場所がある。働くことで信用を評価を自分にしかない価値を手に入れ、人に必要とされている彼女たちの場所がある。

 

決して誇らず、けれどもそれは体のどこかに凛々しさとして人の目に映る美しさがある。

 

働く女性は美しい。