終わったやつが始めたブログ

大学卒業に9年かかった男の考えていること

苦しい

ただ生きてるだけで素晴らしい

なのに先の見えない未来を想像してみるだけで

ゾッとするほど胸が苦しい

生きてるだけで素晴らしいとは俺は思えないのかもしれない

苦しい

ぜいたくな苦しみ

嫌なことを避けて

傷つかないようにそーっと

自分を守っていた

先に進まなければもっと苦しくなる

分かっていても手前にある障害物が怖くて仕方ない

簡単なことをゆっくり少しずつやろう

人と比べてもどうにもならない

過去の話も変えられない

 

文字にすると少し落ち着いたかもしれない

 

不安が迫ってきたとき

どう付き合うのか

問題が起きたとき

それをどう解決するのか

 

早くなっている脈拍を深呼吸で整えよう

血の流れだけに集中して

体があたたかくなるのをゆっくり待つ

 

自分を否定しない

自分だけは否定しないで

自分が放った言葉に縛られないように

 

いつまでも責めて苦しんでもがかないで

許せるようになろう

失敗した自分を挫折した自分を

そして認めよう肯定しよう背中押してあげよう

 

心を強く持つ必要はないよ

自分に優しくなろう

自分を傷つけなくなれば

それを人に向けなくて済む

余裕を持って人に優しく

両親家族支えてくれる人認めてくれる人

感謝を持ってそれを示そう伝えよう

Twitterのアカウントを消し、フェイスブックアプリをアンインストールした。

 

それでも夜一人で酒を飲んでいると生きている言葉を探して指が勝手に動く。

 

でも実際そこに溢れる言葉は生きているのか?

なんというか壁の落書きなんじゃないか?

それを誰が書いたか分かるだけで、俺が読んだかどうかは相手は知らない。コミュニケーションとは呼べないな。

 

世界を広げたつもりでもそれが無造作なら孤独を深めるだけだ。どうせなら行き来しかできない一本道を作るべきなのかも。

辛い思考に頭が支配されても、漫画を読んでいる間はそこから解放される。お笑いを見ている間も同じ。娯楽の本質ってこういうことかも。

f:id:kokinwakashu:20181104012726j:image

 

・日中はゲームしてただけ

・夕方から尾崎と赤羽で飲んだ

・五感は思ってたよりガッカリ店だった

・なんかやたら人多くてさまよってたら素郎に辿り着いてしかも空いてたから結果オーライ

闇市で占めてたらたまたまマナと遭遇、よく飲んでるらしい、今度誘ってみよう◎

・明日は猫村さんとラジフェスだ、酒は飲まないと決めている

 

 

f:id:kokinwakashu:20181103005507j:image

 

・昨日の感情を引きずった日中。飯食って本読んでただけ。

・ 久しぶりに見たMステでDA PUMPがif歌ってて時代の流れを感じた。ジャニーズも変わったのかな。

・そのあとの紅の豚がホントに良かった。バーフバリ見てるときより集中できたし嫌なこと忘れられた。セリフおしゃれすぎない?最高。

・この時間まで起きてられたからひらめいたらジャンクにメールしちゃうぞ。

 

f:id:kokinwakashu:20181101234059j:image

 

幸楽苑に行った。五目うま煮ラーメン、はじめの二、三口はおいしかったけど、途中からわさびみたいな味がしはじめた。

・新しい車に乗ってバーフバリ見に行った。CGすごいとか、バーフバリ強すぎてもはや花山薫レベルとかそういうとこじゃなくて、白鳥の船に乗って国に帰るときの一連の流れが面白すぎ。

・バーフバリ見てる途中も前の会社のこと思い出してしまって楽しく見られなくなってしまった。

・その気持ちを引きずったまま帰宅して、もうこれ以上耐えられない、気が緩んだらポロポロ泣いてしまいそうってなったから、今何を思ってて、過去のどういう出来事が今の自分を苦しめているかを母親に言ってしまった。

・ダメだダメだ、もうやめろという心の声が聞こえたが、それ以上に言わずにはいられない感情が強くなりすぎていて、いろいろ言ってまた傷つけた。

・俺はもう生きてる理由が分からない。誰かがもういいよ、よく頑張ったよと言ってくれたら明日にでも死にたい。こうやって文字にするとまた泣けてくる。

・映画を観にいく前にクイーンの本を探していたら、15歳の自分が20歳の自分に向けて書いた手紙を見つけた。

・鬱々とした日々を終えた開放感と、苦しい三年間で練り上げた彼なりの哲学は至るところに怒りと悔しさがまみれていたが、それに飲み込まれるなと書いてあった。そして自分の幸せは自分で決めるものなのだと、中学生にしては真理を突いている言葉が書かれていた。

・なあ君、つらかったなぁ。独りよがりな性格と回りすぎる頭で人を傷つけて傷つけられてきたんだなぁ。それでも、独房から這い出して、広がる青空を初めてゆっくり眺めたような気分で、未来に希望を持っていたんだなぁ。そばにいって肩を叩いて君を褒め称えたいよ。えらいなぁ。

・でもな、俺はもうダメだ。目に見えるもの全てが空虚で無意味に思える日々を過ごすのは、もう、もうたくさんだよ。